【崩壊3rd】元素ダメージを増やすスキルの組み合わせ

Tips

前回、物理ダメージを増やすスキルの組み合わせについてまとめました。

今回は元素ダメージを増やすスキルの組み合わせについてまとめます。

前回と同じく元素アップ、全ダメージアップを組み合わせて見ていきます。

準備

まずは前回と同様に、元素固定ダメージを与える武器を用意します。

合金・疾風太刀にしました。45の固定氷ダメージを与えられる武器です。

基準値の測定

まずは、前回同様基準値を測定します。

クエスト1-3(困難)の最初の敵に武器スキルを使うと40ダメージとなりました。

説明より5少ないダメージになっていますが、気にしないことにします。

きっと敵の防御力に関係するのでしょう。

それでは検証を始めていきます。

元素ダメージアップ1つの場合

元素ダメージアップのスキルを1つつけた状態で試してみます。

つけた聖痕はこちら。10%アップです。

ダメージは44になりました。

前回と同様に、ダメージ計算式に当てはめて計算してみます。

10%なので強化される倍率は1.1となります。

40×1.1=44

よって44ダメージです。

元素ダメージアップ2つの場合

次に元素ダメージアップを2つつけた場合を試してみます。

つけた聖痕はこちら、10%アップと20%アップの2つです。

ダメージは52になりました。

10%と20%の合計30%なので強化される倍率は1.3となります。

40×1.3=52

よって52ダメージです。

全ダメージアップ1つの場合

次は全ダメージアップを1つつけた場合を試します。

つけた聖痕はこちらの20%アップです。

ダメージは48になりました。

20%なので強化される倍率は1.2となります。

40×1.2=48

よって48ダメージです。

全ダメージアップを2つつけた場合

次に全ダメージアップを2つつけた場合にどうなるか試してみます。

つけた聖痕はこちらの20%アップと5%アップの2つです。

ダメージは50になりました。

20%と5%の合計25%なので強化される倍率は1.25となります。

40×1.25=50

よって50ダメージです。

元素ダメージアップと全ダメージアップをつけた場合

次に元素ダメージアップと全ダメージアップをつけた場合にどうなるか試してみます。

元素ダメージアップ10%と全ダメージアップ20%です。

ダメージは53になりました。

元素ダメージアップ分は10%なので1.1、全ダメージアップ分は20%なので1.2です。

40×1.1×1.2=52.8

五捨六入して53ダメージです。

検証から導き出すダメージ計算式

ここまでの検証から崩壊3rdの元素ダメージ計算式は以下のようになっていることがわかりました。

実際に与える元素ダメージ=基本ダメージ×元素ダメージ強化倍率×全ダメージ強化倍率の結果を五捨六入した値

物理ダメージの時と同じ結果になりました。

まとめ

元素ダメージを強化するには元素ダメージアップと全ダメージアップの両方をつけるとよいことがわかりました。

この結果は物理ダメージの検証の時と同じです。

例えば、元素ダメージ20%を2つつけると1.4倍になりますが、元素ダメージ20%と、全ダメージ20%では、1.2×1.2=1.44倍になりますので、こちらの方が与えるダメージが多くなります。

聖痕を付けるときには、種類の異なるダメージアップのスキルを持った聖痕を付けるようにしましょう。

コメント